第四回WATCHミーティングレポート

6月12日に行われたWATCHミーティングでは、これからのWATCHリヴァイブ協会変革のため、たくさんの変更点が発表になりました。

1、WATCHの本が始動するコト
前回のミーティングでも発表になりましたが、来年2020年をめどに「WATCHの本」が出版されます。

正直な話、ルミ子先生の「深部リンパ」の本が出版されてから、RUBYZへの問い合わせが殺到していて、RUBYZ事務局は大変忙しい状況になっています。
「セラピーにたいする意識が高まっている現在」の状況を考えて、WATCHの本が出版された後の問い合わせは、RUBYZだけでは間違いなく対応できないレベルだと考えています。
そのため、「WATCHの本を出版する前には、ちゃんと受け入れる準備をしておこう」と考え、今年2019年は協会の改革を協会員のみなさんと一緒に進めていきたいと考えております。

2、WATCHの本には補色をふくめ、WATCH「カラー」の部分は全て入れるというコト
先日、ルミ子先生が出版社の方々と打ち合わせを行い、他のカラーセラピーとの違いをしっかりとみせるため、カラーによる「解決策」や「補色」さらには「脳科学」などの内容もしっかりと本に入れていくことになりました。

3、WATCHの資格を「ベーシック」「アドバイザー」を無くして、新たにWATCHカラーを行える「WATCHカラーメッセンジャー」という資格をつくるコト
ルミ子先生の「五感のすべてを使ったWATCHセラピーの内容を正しく広めていきたい」という信念に基づいて、
「カラーの意味」や「補色の内容」など「目でみてわかる部分」「読んで理解できる部分」は「本」が出版されることで、だれでも勉強できることになります。
「カラーセラピーくらいなら、誰でもできる」時代になるというコトです。
そこで、「ベーシック」と「アドバイザー」の資格を合体させて、
W(ワード)A(調合なしの簡単なアロマ)T(簡単なタッチ)C(カラー)H(ハーブ)を行うことのできる「WATCHカラーメッセンジャ―」という資格をあらたに作ることになりました。

※「WATCHベーシック資格」「WATCHアドバイザー資格」から「WATCHカラーメッセンジャ―資格」への移行に関しては、準備が整い次第、おってご連絡させていただきます。

4、WATCHカラーメッセンジャーから「お金をとれる資格」として、協会費をいただくコト
先日、マーケッターの方にルミ子先生が相談したところ、「お金も取れないような資格を、だれが好んで取得しようと思うんですか?」との指摘を受けました。
みなさんもご存知のとおり、WATCHセラピーは内容も知識の深さも、ほかのセラピーとはまったく違います。
「これからWATCHを教えていく先生」となる協会員のみなさまに胸をはっていただけるような資格にするために、WATCHカラーメッセンジャ-資格から、「お金をいただけるレベル」の内容にしていくことになりました。
協会も、それにともなったテキストの内容、講習の内容を作っていきたいと思っております。

5、セラピストは、カラーメッセンジャ―を教えることができるというコト
現在、協会に年会費をお支払いいただき「協会員」になっていただいているみなさまには、WATCHカラーメッセンジャ―の上の資格「WATCHセラピスト」として活躍していただきます。
もうすでに「ベーシック」や「アドバイザー」の内容、つまり「WATCHカラーメッセンジャ―」の内容は、みなさま終了されているということなので、
足りていない全身のトリートメントである「禅トリートメント」を勉強していただきたいと考えています。

そこで2019年の間、本来20000円のルミ子先生のトリートメント講習を、協会員のみなさまは10800円(税込)で受けていただくコトが出来ます。
※禅トリートメント講習の詳しい日程などは、追って協会員の方のみにお知らせいたします。

さらに、WATCHメッセンジャーテキストを使った、先生のための「講師講習」の実施も企画しています。

6、来年から協会費を12000円にするコト
マーケッターの方から、のもう一つの大きな指摘は「協会年会費6000円は安すぎて怪しい」ということです。
「勉強しに来る方も、たった毎月500円で、なにができる?と、協会にたいして疑念が生まれます。」とのことでした。
さらに、「メッセンジャーから12000円、セラピストからは32000円くらいはいただくべきです。」との、厳しい指摘を受けました。

なにぶん今までお金をいただかずに協会を運営してきたので、私たちにとってそれが当たり前になっているのは良くないところだなと感じています。
32000円のほうは置いておいて、来年2020年度からは協会年会費を12000円(税抜)にしていきたいと思います。

もちろん、ただ金額を上げるだけではありません。
WATCHの本も出版されますし、年会費を支払っていただいている協会員のみなさまが十二分にその金額を回収できるように協会を運営していきたいと考えています。
どうぞ、よろしくお願いします。

7、定例会を年4回に増やし、それぞれ協会員の活動を発表してもらいたいというコト
これからのセラピストのみなさまの活動や情報を共有できる場所として、定例会を年4回に増やして、セラピストのみなさまの活動を共有していただきたいと思います。
さらにセラピストのみなさまが、自身のお客様とのコンタクトを定期的にとれる「お茶会」でのフォローアップ講習も行っていきたいと考えています。
いわゆる、「お茶会のネタ」を協会から提供したり、他のセラピストのみなさまと情報を共有することで、それぞれのセラピストの「お茶会」に役立てていただきたいと思っています。

8、7月からミーティングに参加できるのは、年会費を支払ってくださっている協会員のみにするというコト
これから、「禅トリートメント」や「講師講習」を行っていくにあたり、教えることができるのが現在、ルミ子先生ただ一人です。
ルミ子先生の他のお仕事との兼ね合いや時間を考えて、七月以降は協会と現在協会年会費を支払っていただいている協会員のかたがたのみで、本が出版した時の受け入れ態勢の基盤を固めていくことになりました。
(※協会員の入会は既に締め切らせていただいています。)

そのため、今後はミーティングをふくめ、禅トリートメント講習やセラピストのための講習などは協会員の方のみの参加とさせていただきます。
今年度中に、しっかりと協会の基盤を創り上げて、来年度からまた協会員の入会を始めていきたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

9、最後に、9月のWATCHミーティングの日程の変更
WATCHミーティングの9月の日程が変更になりました。
9月29(日)→9月24日(火)へと変更になります。

これからも、WATCHリヴァイブ協会をみなさまと一緒にと盛り上げていけることを心から感謝いたします。
どうぞ、よろしくお願いいたします。