WATCHミーティングレポート 

2019年8月16日

「2019年度以内に、メッセンジャーを教えられる先生を10人以上にしましょう!!」

この言葉から始まった、今回のWATCHミーティングは、WATCHメッセンジャーを教えるための認定講師として合格し、新しいテキストを使って生徒を教え始めていらっしゃる羽鳥先生を中心に、どの様に生徒を教えていけばよいか?を話し合いました。

やはり、集まった先生方は、みなさん、いままでWATCHセラピーに関わってきた熱い想いを持つ方々ばかりです。

そのために、「できるだけ一回の授業でしっかり教えたい!!伝えたい!!」という想いが強く出てしまいます。

ですが、10色のカラーのすべてのポジティブ&ネガティブの言葉やイメージ、「オウム返し」などを含めたカウンセリング力、色に対するイメージを言葉にするスキルなど、全てを一回のカリキュラムで完璧に出来るようになるには、やはり難しいことです。

WATCHセラピーは、「学んでから」が本当の始まりである、人生を通して学び、成長していくことのできるスキルです。

それは、WATCHセラピーに関わっている皆さんが承知していることだと思います。

ですから、「一回で全部、完璧に」ではなく、「教えた生徒と先生が一緒に人生を通して成長していける」ために、先生方には「お茶会」「女子会」などの集まりを通して、生徒とのコミュニケーションと繋がりを持ち続けて、互いに成長し、生徒と一緒に人生を豊かなものにしていってもらいたいと、協会では考えています。

一人一人の人生の成長に合わせて、先生と生徒が一緒にWATCHセラピーを通して、人生を豊かなものにしていってもらいたい。

協会では「カウンセリング力をつけるため」「色のイメージ力をつけるため」の「お茶会」「女子会」のためのネタを、協会員のみなさんに提供していけたらと思います。

これからも、どうぞWATCHリヴァイブ協会をよろしくお願いいたします。

次回は、時間の都合で今回できなかった、「金額」について話し合っていけたらと思います。

今回も、本当にありがとうございました。

次回のWATCHミーティングは、9月24日㈫となっております。
また、素晴らしい話し合いが出来るのを楽しみにしております。

WATCHリヴァイブ協会事務局・夜久さとし