WATCH Meeting 2021 January 13nd

2021年、あけましておめでとうございます♪
今年は丑年。
更に十干十二支でいうと、「辛丑」だそうです。
ネットで調べたところ、「辛」は、「強情で物事にこだわり、我が強いが、万物を廃して物事を成し遂げる人を意味する。判断力が旺盛。」っていう意味だそうです。

1月13日、2021年最初のWATCHミーティングが行われました。

まず、協会で今年やっていきたい事、それから、新しい商品の話。
そして、新年最初のミーティングということで、皆さんに2021年の抱負を語ってもらいました。

協会としては、2021年はオンラインでのWATCHセラピーのやり方を構築していくこと。
さらに、WATCHの資格を取得した後の学びである、定期的なワークの構築と発信を通じて、協会員の皆さんの発展に協力していきたいと思っています。

そして、WATCH商品がリニューアルいたしました♪
5mlの容器が、8mlになりました。
45mlのボトルや、ティーバックもリニューアルして、価格が新しくなりました。
それに伴い、メッセンジャーとセラピストの教材一式の値段に変更がありました。
メッセンジャー教材一式:62,150円→62,590円
セラピスト教材一式:38,500円→49,500円 に変更になりました。

新しい商品は、ホームページの「協会員専用ページ」の中にある、「協会員専用オンラインストア」から同じパスワードで、入ることができます。
ご購入の際には、必ず備考欄に会員番号をご記入ください。

それでは、新年最初のミーティングにて、出てきたみんなの抱負を列挙していこうと思います♪
・自分のやりたい施術を、お客さんに合わせて提供していく
・コロナ禍で疎かになった、自分の身体のメンテナンス
・月一回行っているイベントの継続 去年蒔いた努力の種を、今年も継続して育てていきたい
・2020年は自分の気持ちに翻弄されてしまった一年になったので、今年はもっと嫋やかににいきたい
・節分までは、残務処理、家族とともに睡眠をしっかりとり、身体を大切にしていきたい
・自分と向き合って心と身体の解放をする。施術者としても、講師としてもワクワクしながら進んでいきたい
・WATCHのための時間を増やしていきたい
・自分へのインプットとともに、アウトプットをより強化していきたい
・自分の知識や経験を去年よりも、もっと発信していきたい
・もっと、WATCHと関わっていきたい
などです♪

共感できる抱負はありましたでしょうか?

2〜3月には、コンフォートハンドの映像も出来上がるそうなので、とても楽しみです。

2021年は、きっと、まだまだコロナの影響が強く残る一年になると思います。
フランスでは、現在朝6時~18時までの外出制限の真っ最中。来週には3回目のロックダウンに入ることになると思います。

日本もフランスも、少なくとも今年いっぱい、断続的にロックダウンや外出制限が行われると考えて良いのではないかと、僕は思っています。
むしろ、このロックダウンや外出制限が、当たり前の世の中になる可能性も、考えるべきだと思っています。

そうなってしまっても、“大丈夫‼︎“といえる準備をすることが、2021年の課題なのではないでしょうか。
自分自身の本質、過去、芯の部分をしっかりと理解すること。
そして、向かいたい未来をしっかりと見据えること。
その素晴らしい未来に行くために、必要なことはなんなのか?を理解すること。
そこから、自分なりの解決策を導き出すこと。

人生をより良いものにするために、WATCHで学んだ知識と技術を存分に使って、「万物を廃して物事を成し遂げる、辛丑のように」自分をもって、すすんでいきましょう♪

みんなで、これからの新しい時代に向かうために、2021年も、どうぞWATCHリヴァイブ協会をよろしくお願いいたします。